スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小学校開校の日】廃校 I分教場


I分教場1

今回ご紹介するのは、

車では辿りつけない山深い場所に残るI分教場になります。



I分教場のご紹介の前に、本日5月21日は「小学校開校の日」になります。

明治5年に明治政府は、日本の近代教育制度として

尋常小学校をスタートさせます。

しかし、明治政府より3年も早い明治2年5月21日に

京都市で日本初の小学校が開校します。

I分教場2

長い年月もの間、京都には都がおかれていましたが、

明治維新によって都は東京へ。

そのまま衰退していってしまうことを恐れた京都府は、

いち早く近代都市へと生まれ変わらせるために、

最初に着手したのが小学校の建設だったそうです。

これには京都の意地を感じます。

I分教場3

本日が「小学校開校の日」という事なので、

私が訪れた廃校の中でも歴史が古いI分教場をご紹介します。

I分教場4

明治19年に開校、明治44年この地に分教場を新築移転。

昭和40年に廃校。

1.2枚目の写真の建物は、明治44年に新築された

当時のままの校舎の可能性もあります。

I分教場5

この廃校は近くに道路もない山深い場所にあり、

私が訪問したときは正確な場所もよく分からないままだったので

山の中を行ったり来たり彷徨いながら・・・

苦労した後に、これだけ古い校舎を目の当たりにしたときは

感動して疲れも一気に吹き飛ぶ感じでした。

I分教場6

昭和15年にこの学校を卒業された方によると、

その当時は1年生から6年生、総勢18名の生徒。

教室は一つしかないので、6学年が一緒に勉強していたようです。

I分教場7

先生は一人だけだったので、先生は低学年を中心に教え、

高学年は基本的に自習で困った時だけ先生に聞いていたとのこと。

その先生は、明治42年から昭和25年まで41年間も

ここで子供たちに勉強を教えていました。

I分教場8

2階部分が教室だったと思うのですが、

2階へ通じる階段もおそらく崩壊していて

行く術もなかったので腕を伸ばして何とか撮影。

辛うじて机が一つだけ見えます。

I分教場9

苦労して訪問しただけの甲斐がある廃校ですが、

私が訪れたのは今から約3年前ですので、

現在校舎がどういう状況かは分かりません。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
この廃校が気に入った方はポチっとお願いします。

ポチしていただければ励みになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加









ブログパーツ

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebook等
でシェアをお願い致します。非常に励みになります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。