スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧鳥羽小学校校舎


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
この廃校が気に入った方はポチっとお願いします。

ポチしていただければ励みになります。


entry_img_30.jpg

三重県に残る登録有形文化財である旧鳥羽小学校校舎。

モダンな造りでありながら重厚さや威厳のような雰囲気も漂う校舎。







鳥羽2

旧鳥羽小学校校舎は、真珠の養殖とそのブランド化などで富をなした

ミキモトの創業者である真珠王・御木本幸吉氏の出資と助言によって、

昭和4年に三重県初の鉄筋コンクリート造りの校舎として建設されます。

当時は県下一の設備と称せられたようです。

鳥羽3

建物の老朽化により平成20年に新しい校舎へ学校は移転。

その後、登録有形文化財に指定され

現在は保存活用に向けて協議がなされています。

その為に玄関など数か所に監視カメラなどが設置され管理されています。

鳥羽4

正面玄関の三階部分には三連アーチが施されていて

この場所は講堂として使われていたようです。

写真が小さくて分かりづらいかもしれませんが、

船のイカリと鳥の羽が特徴的な鳥羽小学校の校章が見えます。

鳥羽5

鳥羽6

昭和8年に寄贈された二宮金次郎像

鳥羽7

これもちょっと分かりづらいかもしれませんが、

上の写真の左側の壁には授業で使われた名残か

4平方メートルと1平方メートルが一目で分かるように描かれています。

鳥羽8

校舎の裏側へ周ってみると

山の傾斜を利用して造られていることが分かります。

ここから更に高台に上がった場所は、

かつて鳥羽城本丸だったところで

学校の運動場として使われていたようです。

その為に校舎裏側に手洗い場が設置されているのでしょう。

ちなみに、鳥羽城は織田信長や豊臣秀吉のお抱え水軍として

活躍した九鬼嘉隆が建てたお城になります。

鳥羽9

こちらが三階部分にある講堂入口になります。

昭和29年にはこの講堂で御木本幸吉氏の告別式も行われています。

鳥羽10

鳥羽11

鳥羽12

鳥羽13

鳥羽14

すぐ近くには鳥羽水族館、

昭和の雰囲気が色濃く残る鳥羽の街並み、

遊郭跡の建物があったり、

少し足をのばせば伊勢神宮や

創業200年以上の歴史がある麻吉旅館などもあり

見所満載な伊勢・鳥羽。

機会があればまた遊びに行きたい場所です。




にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
この廃校が気に入った方はポチっとお願いします。

ポチしていただければ励みになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加







ブログパーツ

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebook等
でシェアをお願い致します。非常に励みになります。

コメント

こんばんは。

さすが鉄筋コンクリート、がっちり残ってますね。
ドイツのような重厚さがあり迫力ですね。
応援のポチ。

2015/09/21 (Mon) 21:13 | 流浪の民 #- | URL | 編集
流浪の民さん

ポチありがとうございます!
外観はしっかりしているのですが、内部は雨漏りがあったりして、これから保存していくにしても色々と修理等が必要らしいです。
これだけの建物だからきちんと保存して大切にしていってもらいたいものです。

2015/09/25 (Fri) 12:46 | ruinsrider #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。